院内研修〜近視進行予防〜

290928勉強会

昼休みは月例の院内勉強会で本日は院長が担当で近視進行予防の話しをしました。2年半前に一度話した内容を少し手直しして、最近あちこちで見聞きしてきた内容を加えて説明しました。近視進行(眼軸伸展)予防について以前から効果が言われていた低濃度アトロピン点眼も国内での試験(ATOM-J)が近々結果がでるようですし、オルソケラトロジーの方も強度近視の人への部分的オルソKやアトロピン点眼併用等々また新しい話しが出てきています。
オルソKもこれまではガイドラインにて20歳以上とされていますが、今後は
原則20歳以上となる見込みのようですし裁量で小児への使用も拡大してくると思われます。当院ではまだオルソKをおこなってはおりませんが一応処方資格は更新しており、今後の流れによっては対応も考える必要でてくるかもしれません。


大田市柔道大会

290923大田4 290923大田3

祝日は早朝から島根県大田市へ。大田市総合体育館で開催された大田市柔道大会へ子供達の応援に行ってきました。長男坊は開星中学中堅として、次男坊は開星柔道クラブ小学校中学年の大将(三年生ながら体重でw)として出場です。次男坊は緒戦得意の払い腰&押さえ込みで一本とったものの上位チームの4年生大将達にはさすがにかないません。でもチームメイトのがんばりのおかげでチームとしてはなんとか優勝です。長男坊のほうは全一本勝ちで中学生チームも優勝。そして小学校高学年&低学年チームも優勝。なんと開星が4階級全制覇でした。中学校の部決勝では敵味方に分かれたとはいえ小学校時代に米子市柔道少年団で一緒に全国へ行ったメンバーが3人もそろいました。子供達は柔道のために県をまたいで通学し頑張っています。

290923大田5
ご指導の先生方有難うございました。
290923大田1 290923大田2
長男坊内股 & 次男坊払い腰(ちょっと力技)
我が子達もよく頑張りました。



瀬戸内眼科コロシアム

290916瀬戸内2

土曜日の午前診療後、車で急ぎ岡山へ。岡山国際ホテルで開催された「瀬戸内眼科コロシアム」へ今年も参加してきました。午前診が長引いて出発がおくれたため、白内障と緑内障のセッションを聞き漏らしてしまいましたが聞きたかったメディカルレチナには何とか滑り込めました。
加齢黄斑変性のお話ではとくにOCTでの診断のコツ、RAPの見分け方など非常に参考になりました。また網膜硝子体分野のトピックスでは非常に興味深いお話が盛りだくさんでした。SLEの治療薬ヒドロキシクロロキンによるクロロキン網膜症の診断やフォローアップの肝、バイアグラ大量摂取による中心視力低下の話題、OCTや広角眼底撮影機器の発達などなど多岐に渡るお話をかいつまんで説明して頂き、欲張りな内容でした。
今回は台風直撃が予想されたのでいつものポンコツ号ではなくMPVで向かいましたがさすが2トン近い重量級、荒れてる時の運転は車重半分のポンコツロードスターより随分楽です。雨も漏りませんし・・。参加者も例年よりは少なめな印象でしたが、それでも2日とも100人以上の盛会だったようです。


院内研修〜抗VEGF製剤長期成績〜

昼休憩は参天さんとバイエルさんがおいでになり、加齢黄斑変性に対する抗VEGF製剤加療について、長期フォローアップを行ったスタディの結果について解説してくださいました。3ヶ月毎投与を主体とした方法のようですが良好な視力維持と、とくに複数製剤の比較も含め有害事象もこれまで言われていた以上のものはなかったようです。
院長は来客対応があり後ほど要点だけ伺いました。有難うございました。


萩へ。(合同錬成会)

290910萩3

(土)の夜から次男坊と2人、山口県萩市へ。萩ウェルネスパークで行われた合同錬成会へ開星柔道クラブの皆様と参加してきました。
九州からも沢山の強豪道場が来ておられ盛会でした。ウェルネスパークは一昨年長男坊が中国5県の強化選手に選ばれた時にも一度来ましたが、エアコンがよく効いていて応援の親も快適です。1日しっかり良い練習をつけていただきました。ありがとうございました。
前夜研究会と言う名の同窓会が終わった後次男坊と2人で萩へ移動し、深夜に現地近くの道の駅にたどり着き車中泊。マツダMPVの前期型ですが3列目のからくりシートを倒すと一瞬で真っ平らなスペースができます。次男坊と2人ならそこで十分眠れますが、院長の昼寝用マットレスを敷くとさらに快適です。窓に被せて挟み込む網戸を装着して眠ると明け方は寒い位でした。

290910萩1 290910萩2
次男坊を座席から運んで転がしたら一瞬で寝ました(笑)。
かぶせる網戸、見た目はさておき優れものです。


同窓会のような講演会

290909とりりん2

土曜日は米子全日空ホテルで開催された鳥取臨床学術講演会(とりりんカンファ)に参加して来ました。鳥取大学時代の同級生を対象に診療科の垣根を超えた研究会という珍しい試みです。
今回は脳神経外科、泌尿器科でそれぞれ准教授としてご活躍中のお二人から貴重な話を頂戴しました。演者、座長、聴衆全てが同級生というのはなんだかとても新鮮でした。
脳神経外科の坂本誠先生からは取り組んでいらっしゃる最新の血管内治療をはじめ、脳卒中とその治療などわかりやすく解説いただきました。泌尿器科の本田正史先生からはロボット手術のお話などもたくさん聞かせていただき、非常に新鮮で興味深い内容でした。お二人とも山陰地域のみならずそれぞれの分野をリードされるような立場で精力的に頑張っておられ、嬉しくなると同時に負けていられないなという気持ちになります。
会の後は場所を移してプチ同窓会。久しぶりの機会なのでしっかり飲んで語りたかったのですが、翌日の次男坊の柔道合同練習の為山口県萩市に向かわねばならず、顔出し後早々に失礼しました。非常に嬉しく楽しい会でした。企画してくださった先生方、第一三共さん、ありがとうございました。

290909とりりん1
質疑応答で某先生「皆、学生時代の講義と座る位置が一緒」と。
院長は一番後ろの一番端っこでした・・

第99回鳥取大学眼科研究会

土曜日の夜はワシントンホテルで開催された第99回鳥取大学眼科研究会に参加して来ました。
鳥取大学の先生方から一般講演3題ご発表頂きました後、特別講演は宮田眼科病院 宮田和典先生から「角膜内皮障害の原因と治療」と題してご講演を拝聴いたしました。
宮崎県を引き合いに気候や食文化、民族(アイヌ、本土日本人、琉球民族等)での疾患の違いなどのお話しから始まり、大変興味深い内容でした。角膜内皮減少について原因となりやすい閉塞隅角関連のお話やその考察、また治療については人工角膜移植についても解説頂き大変勉強になりました。ありがとうございました。